相談支援事業所 スワロウへのリンク

計画相談支援

多くの場合、相談者様の問題を解決する過程で公的なサービスを利用することになります。中でも福祉施設は『 障害福祉サービス』という名前の支援の一つで、この『障害福祉サービス』を利用するためには『サービス等利用計画』の作成と提出が必要になります。 ご自身で作成する『セルフプラン』という方法もありますが、スワロウの『相談支援専門員 』がご相談者様と契約し作成することもできます。また、実際に『 障害福祉サービス』の利用を始めた後も、サービスの変更や継続が必要かどうかご本人様と一緒に考えます。これを『モニタリング』といいます。

利用までの主な流れ

相 談そうだん

まずはお気軽にお電話かメールでご相談ください。サービス利用申請についてもご案内させていただ きます。

a

契 約けいやく

ご本人様とスワロウで利用契約を交わします。ご自宅へ訪問することも可能です。

a

計画案の作成けいかくあんのさくせい

サービス等利用計画の『案』を作成します。ご 本人様の今の生活を詳しく知る為に、ご自宅への訪問を提案させていただくことがあります。

a

サービス等利用計画

まず、ご本人様の困りごとやニーズ(必要なこと)を一緒に考えて整理します。そのうえで、困難を解決し、ニーズを叶える為に必要な資源(協力者やサービス)は何か、ご本人様と関係者(家族や支援者)で話し合いを行います。これを『サービス担当者 会議』といいます。『サービス等利用計画』とは、ご本人様と各関係者で一緒に考えた必要な資源を取り入れた予定表のような物だと思ってください。この予定表は『モニタリング』を行うことでご本人様の希望に沿う形で、変更する場合があります。

a

支給決定しきゅうけってい

計画案を参考に利用できる 障害 福祉サービスの 支給量(ひと月に利用できる日数等)が決定し、サービス受給者証が発行され ます。

a

サービス担当者会議さーびすたんとうしゃかいぎ

ご本人様が利用する福祉サービス事業者と契約を交わします。その後、計画案と受給者証にもとづいて、ご本人様やご家族様、実際にこれから利用する福祉サービスの職員などが集まって話し合いを行い、最終的なサービス等利用計画を作成します。

a

サービス利用開始さーびすりようかいし

サービス等利用計画の提出後、福祉サービスの利用が始まります。 サービス等利用計画の提出後、福祉サービスの利用が始まります。

a

モニタリングもにたりんぐ

福祉サービスの利用開始後も相談支援専門員は電話や訪問などを通して、ご本人様の現在の状況を把握し、必要に応じて福祉サービスの変更などを行います。何かお困りのことなどがありましたら、お気軽にご相談ください(モニタリングの頻度は個人の状況によって変わります)。

この「計画相談支援の主な流れ」は一例です。ご本人様の様々な状況の違いによって変わってくることもありますが、相談員が責任を持ってお手伝いさせていただきます。

お問合せ

電 話 042ー438ー8097

FAX 042ー438ー8098

  • 開所日時
    • 月〜金
    • 13:00〜21:00
    •  9:00〜17:00